トヨタエクスクァイアが売れる理由

トヨタからエクスクァイアというミニバンが発売されました。
エクスクァイアは、「ノア・ヴォクシー」を同じ車体を共有する兄弟車と
言ってもいい存在です。

エクスクァイアは、ファミリー向けの「ノア」や若くてアグレッシブな
人向けの「ヴォクシー」とはまた違う雰囲気を持たせられています。
それは、”高級感”とか”上質”と言った言葉で表されるもので、ベースと
なっている「ノア・ヴォクシー」の 一つ上の質感を実現してるところが
売りになっています。
それは、子育てが終わってもミニバンの使い勝手が忘れられない少し
上の世代に向けた訴求になっているのです。

まず、エクステリアの大きなメッキグリルを見てもわかるでしょう。
ヴェルファイアのように押し出しの強いメッキの大きく立体感のある
グリルは、豪華な印象を与えます。
また、LEDヘッドランプのような最新の技術を取り入れているところも
ターゲット層の心をつかんで離さないはずです。

インテリアについても黒い木目調のステアリングやピアノブラックのパネル
も上のクラスの車を思わせるもので、ノアやヴォクシーにはないテイストです。
また、シートも合成皮革でありながら質感が高く、落ち着いた高級な雰囲気を
醸し出すのに一役買っています。
車買取相場
走りに関しては、ノア・ヴォクシーで好評を得ている上質な乗り心地と
ハンドリングを受け継いでいます。
また、エンジンはハイブリッドとノーマルのエンジンの2本立てとなっている
のですが、多くのユーザがハイブリッドを選ぶと思われます。

ハイブリッドは20万円高くなるのですが、燃費は16km/Lから23km/Lと
大幅に省燃費を実現しています。

このように、今までの5ナンバーサイズのミニバンとはひとあじ違った高級感
を持つエクスクァイアですが、ノア・ヴォクシーと比べて15万円しか高くない
という値段設定を見れば、今売れに売れているのも納得できるのではないでしょう。

今後、この路線を他メーカーも追従しそうですね。

クリーンディーゼル車は次世代自動車です

1

従来のディーゼル車にお持ちのみなさんのイメージは
黒煙を出しながら走り騒音も大きいくてうるさい。
まさに「環境に悪い」というイメージが大きいと思います。

実は、ガソリン車よりもディーゼル車の方が燃費が良くて
CO2排出量も少ないという面があり、優れた環境性能を持っています。

「ポスト新長期規制」という排出ガス規制の基準に適応する
粒子状物質(PM)や窒素酸化物(NOX )の排出量が少ないディーゼル車。

海外においては、クリーンディーゼルはすでに次世代のエコカーとして
認められており、普及が進んでいるのです。

日本でも、CO2削減の観点から、クリーンディーゼルは
次世代自動車の一つとして認定されており
購入できる車種も徐々に増えているので
今後は耳にすることも多くなっていくかと思われます。

新しい燃料噴射システムである「コモンレールシステム」では、
排気ガスや騒音などの従来のデメリットが改善されて
新たにクリーンディーゼルとして生まれ変わりつつあるのです。
車 売るならどこ

ミニバンでどんどんおでかけしよう!

子供を連れてどんどんお出掛けしたいというファミリーに
やっぱりダントツ人気の「ミニバン」。
10202010_200910

車内空間が広いので長距離でもみんな快適。
「スライドドア」や「パノラマオープンドア」を装備している車種も多く
子供を抱いたままでも快適安全に乗り降りができます。

また、シートアレンジが豊富な車が多いのもミニバンの特徴。
シートを倒して空間を作れば
ちょっとした子供の着替えや、おむつ替えなどにも便利です。

人気のミニバンはこちらです!

トヨタ アイシス/シエンタ/ノア
日産 エルグランド/セレナ
ホンダ ステップワゴン
三菱 デリカ
マツダ プレマシー

子供を自動車に乗せるとき、絶対に譲れないのが安全性です。
交通事故は自分がどんなに気を付けていても、突然起きてしまうもの。
万が一のときに備えるなら、頑強かつ衝突時に衝撃を吸収する空間
「クラッシャブルゾーン」が大きな輸入車を検討してみるのもいいかもしれません。

メルセデスやボルボ、BMWといったヨーロッパ車は
対車衝突時の安全性に定評があると言われています。
ステップワゴンスパーダ 買取

高齢者にもミニバンはおすすめ

意外と知られていないミニバンの魅力の1つに
シートが高いので高齢者でも運転がしやすいことがあります。
1
2
もちろん運転が苦手な初心者にもその点ではおすすめです。

ベンチシート式やドアがスライド式のミニバンが多いので
高齢者や子どもも乗り降り楽です。
介護の車としてもミニバンを選ぶ事が多くなっているようです。
最近では介護タクシーなどもセダンタイプではなく
ミニバンタイプを多く見かけます。

また、シートの硬さは乗っていて疲れない硬さです。
身体の不自由な方での遠出でも疲れないように
配慮されている点がうれしいですね。

折りたためば車椅子も収納できますし
後部座席にチャイルドシートを設置しても狭く感じない
まさにいいとこずくめのミニバン。

燃費も低燃費でエコカー仕様のものが多いので
燃費を気にする現代人のニーズにもしっかり答えています。

ミニバンは軽自動車にも多く見られるため、自動車税を安く抑えることもできます。
立体駐車場はお断りされる事も多いミニバンだけど
今後も日本のエコカーの代表選手でもあるミニバンから目が離せないですね。

ミニバンと言えば一昔前はあの自動車メーカーのあの車種…など限られたメーカーが生産していて、まさに小さいサイズのバンで四角いだけ。おしゃれより実用性なイメージがありました。
今では、多くの自動車メーカーでいろんなミニバンが販売されています。
ボディもただ四角いだけじゃなくスタイリッシュに、色もシックなカラーから女性が喜ぶキュートな色まで豊富になったと思います。

スタイリッシュな外見、格好良さで選ぶなら「ラフェスタ」

丸みを帯びていながらもシャープさを感じさせるそのフォルムは
ミニバンでは珍しい外観の格好よさがあります。
12
ミニバンという大きすぎないサイズと
スタイリッシュな外見が人気の「ラフェスタ」。

ラフェスタは機能性も充実しており
特にドア周りの仕様はユーザーからからり高い評価を得ています。

インテリジェントキーの付いた電動スライドドアが電動でスイスイと開きます。
ミニバンには必須の機能ですね。

うれしいのがそのクリーナブル機能。
これはたくさんの人を乗せるミニバンならではの機能かもしれません。
食べ物を落として付いた油汚れや、ジュースをこぼして付いた水分なども
さっと拭くだけで綺麗になるのでお子さんが車内でお菓子を食べていても安心です。

ラフェスタの値引き最高額は「28万円」
なんていう話をききました。
3

ディーラーでは、車種別の限界値引き額が決められていて
それ以上の値引きは基本的には出来ない状態となっていることもあり
驚愕な金額の値引きは不可能だと思いますが
オプション値引きと、下取り価格によっては
支払い総額がぐんと下がる可能性はありますので
事前に調査をおこたらないでくださいね。

最大の魅力はその広さ!!

ミニバンの魅力、といえばみなさんどんなことを思いますか?

一番の魅力は、室内の広さと高さ。
そしてなんと言ってもその収納力ではないでしょうか。
1
ミニバンと言えば一昔前はおしゃれより実用性なイメージがありました。
今では、多くの自動車メーカーでいろんなミニバンが販売されています。

ボディもスタイリッシュになり
色もシックなカラーから女性ユーザー向けのかわいい色まで
いろいろなカラーが販売されています。
2
そして、最近の傾向として目立つのは
自分好みにカスタムできるというもの。

シートやカーオーディオやインテリアなどを拘ることができるのです。

室内の幅は広くて高さがあるのは当たり前。
実用性・・・特に収納力は当然ですが
今の時代はそれだけでなく内装をいろいろこだわれるのも
ミニバンの魅力の1つだと思います。

ミニバンの魅力のもう1つに、シートが高くて
初心者や高齢者が運転しやすいことがあります。

介護タクシーなどもセダンタイプではなくミニバンタイプを多く見かけますね。
後部座席にチャイルドシートを設置しても狭く感じないし
燃費も低燃費でエコカー仕様。
ミニバンを選ばない手はないですね!

軽自動車化する箱型ミニバンの今後とは?!

トヨタの「ヴォクシー」と「ノア」がフルモデルチェンジされて
2014年1月20日に発売となったのは皆さんの記憶にも新しいと思います。
1
2
キーワードは、
Fun(快適性)、Utility(使用性)、Nenpi(燃費)を高次元で融合する
次世代のスペースミニバン「Spacious FUN Box」。

一時ほどの勢いはなくなった日本のミニバン市場ですが
それでもまだまだスペース&使い勝手最重視の箱型ミニバン人気はおとろえていません。

新型ヴォクシー&ノアのすごいところは
これまでも快適だったのにさらにその上をいく
考えこまれたスペース効率と使い勝手。
3
まさしくライバル、日産セレナとホンダ・ステップワゴンの
両方のいいとこ取りをしたうえ、さらに凌駕するようなできなのです。

自動車税がエンジン排気量で決まり、重量税が車重で決まる今では
ボディーサイズ枠の3ナンバー、5ナンバーといった縛りはなくなったともいえます。

今も箱型ミニバンは全長4.7m、全幅1.7m、全高2mの5ナンバー枠内で作られ
その中での厳正なるスペースユーティリティー勝負になっています。

トヨタでミニバンを探そう!

ミニバン人気はあいかわらず続いていますね。
なんだかんだ丈夫なミニバン、売れてるミニバンといえば
やっぱりトヨタでしょうか。

このメーカーのこのミニバン、
なんていう特別な思い入れが無いのであれば
トヨタ車から選んでみるのは安心できる方法です。

どのタイプにも対応できるので自分の希望にあった
ミニバンを探す事ができるでしょう。

販売店によってモデルが異なるのは覚えておきましょう。
ミニバンだけでも11車種あるトヨタだけあって
どこのディーラーへ行っても全車種が買えるワケではありません。
1
2
トヨタの販売店は、
トヨタ店、カローラ店、トヨペット店、ネッツ店の4つです。

同じトヨタでも看板のイメージカラ ーが違ったり
ミニバン意外の取扱いモデルに特徴があったりしますので
事前に少し調査をしておくといいですね。

また、「エスティマ」は、トヨタ店でも、カローラ店でも買うことができます。
こういった「同じ車なのに販売チャンネルが違う」場合は
相見積もりをして値引き交渉を有利に進めるのがポイントです。

安価で実用的なミニバン「シエンタ」

運転のしやすさはミニバンクラスで最高峰の実力を誇る
安価で実用的なミニバンといえば「シエンタ」です。
1
シエンタは2003年に登場してから2010年8月に生産を終了しましたが
しかし2011年5月にはマイナーチェンジをを受けて再び販売されています。

シエンタで絶対につけたいオプションは、
エントリーナビ(82,425円)
SRSサイドエアバッグ(31,500円)
リバース連動ミラー(13,650円)

このあたりでしょうか。

シエンタは前席の下に燃料タンクを搭載する
フリードの前身であるモビリオに対抗するべく開発され
渾身の薄型燃料タンクを備えています。

全高は1700mmを下回りますが、3列目のシート自体は小さいですが
2列目の下側に片手で格納できて、使い勝手の良さには定評ありです。
2
高い位置に配置されたメーターも見やすく、スイッチの操作性も良好で
細かい点で配慮が感じられる車に仕上がっています。

おすすめグレードはXLパッケージ(FF)です。

値引きについては、付属品からの値引きを含めて
30万円前後になれば文句なしですね。
がんばって交渉してくださいね。

家族で快適に乗れるミニバン「アルファード」

1
トヨタのアルフォードは競合ミニバンの中でも
トップクラスの室内の広さと快適さ。

横風の影響を受けやすいということがあげられますが
他の大型ミニバンでも同じ事がいえるので
大きな問題ではないと思います。

アルファードは車両重量が軽く
運輸省HPで公表される制動距離も大型ミニバン中
最短距離を誇り安全性が最も高いといわれます。
2
また、中古市場でも人気が高いので
万が一買い替えたいときも下取りも高額になる可能性が高いです。
本当に価値のあるものは値段も高いが、売る時も高い。
と言えると思います。

このクラスの車の中では圧倒的に維持費が安いと思います。

車両重量が軽いので燃費も良くて市街地の通勤にも最適です。
エルグランドの車両重量は満タンの燃料タンクを
2,3個余分に積んでる重さだなんだそうです!

内装も木目や皮が主体でシックで他のミニバンよりも
デザイン性が高い事でも人気を集めています。

良い点がたくさんあってきりがない車ですが
なんといっても一番の魅力は乗っていて楽しい車であること。
これにつきると思います。