トヨタエクスクァイアが売れる理由

トヨタからエクスクァイアというミニバンが発売されました。
エクスクァイアは、「ノア・ヴォクシー」を同じ車体を共有する兄弟車と
言ってもいい存在です。

エクスクァイアは、ファミリー向けの「ノア」や若くてアグレッシブな
人向けの「ヴォクシー」とはまた違う雰囲気を持たせられています。
それは、”高級感”とか”上質”と言った言葉で表されるもので、ベースと
なっている「ノア・ヴォクシー」の 一つ上の質感を実現してるところが
売りになっています。
それは、子育てが終わってもミニバンの使い勝手が忘れられない少し
上の世代に向けた訴求になっているのです。

まず、エクステリアの大きなメッキグリルを見てもわかるでしょう。
ヴェルファイアのように押し出しの強いメッキの大きく立体感のある
グリルは、豪華な印象を与えます。
また、LEDヘッドランプのような最新の技術を取り入れているところも
ターゲット層の心をつかんで離さないはずです。

インテリアについても黒い木目調のステアリングやピアノブラックのパネル
も上のクラスの車を思わせるもので、ノアやヴォクシーにはないテイストです。
また、シートも合成皮革でありながら質感が高く、落ち着いた高級な雰囲気を
醸し出すのに一役買っています。
車買取相場
走りに関しては、ノア・ヴォクシーで好評を得ている上質な乗り心地と
ハンドリングを受け継いでいます。
また、エンジンはハイブリッドとノーマルのエンジンの2本立てとなっている
のですが、多くのユーザがハイブリッドを選ぶと思われます。

ハイブリッドは20万円高くなるのですが、燃費は16km/Lから23km/Lと
大幅に省燃費を実現しています。

このように、今までの5ナンバーサイズのミニバンとはひとあじ違った高級感
を持つエクスクァイアですが、ノア・ヴォクシーと比べて15万円しか高くない
という値段設定を見れば、今売れに売れているのも納得できるのではないでしょう。

今後、この路線を他メーカーも追従しそうですね。

トヨタでミニバンを探そう!

ミニバン人気はあいかわらず続いていますね。
なんだかんだ丈夫なミニバン、売れてるミニバンといえば
やっぱりトヨタでしょうか。

このメーカーのこのミニバン、
なんていう特別な思い入れが無いのであれば
トヨタ車から選んでみるのは安心できる方法です。

どのタイプにも対応できるので自分の希望にあった
ミニバンを探す事ができるでしょう。

販売店によってモデルが異なるのは覚えておきましょう。
ミニバンだけでも11車種あるトヨタだけあって
どこのディーラーへ行っても全車種が買えるワケではありません。
1
2
トヨタの販売店は、
トヨタ店、カローラ店、トヨペット店、ネッツ店の4つです。

同じトヨタでも看板のイメージカラ ーが違ったり
ミニバン意外の取扱いモデルに特徴があったりしますので
事前に少し調査をしておくといいですね。

また、「エスティマ」は、トヨタ店でも、カローラ店でも買うことができます。
こういった「同じ車なのに販売チャンネルが違う」場合は
相見積もりをして値引き交渉を有利に進めるのがポイントです。

安価で実用的なミニバン「シエンタ」

運転のしやすさはミニバンクラスで最高峰の実力を誇る
安価で実用的なミニバンといえば「シエンタ」です。
1
シエンタは2003年に登場してから2010年8月に生産を終了しましたが
しかし2011年5月にはマイナーチェンジをを受けて再び販売されています。

シエンタで絶対につけたいオプションは、
エントリーナビ(82,425円)
SRSサイドエアバッグ(31,500円)
リバース連動ミラー(13,650円)

このあたりでしょうか。

シエンタは前席の下に燃料タンクを搭載する
フリードの前身であるモビリオに対抗するべく開発され
渾身の薄型燃料タンクを備えています。

全高は1700mmを下回りますが、3列目のシート自体は小さいですが
2列目の下側に片手で格納できて、使い勝手の良さには定評ありです。
2
高い位置に配置されたメーターも見やすく、スイッチの操作性も良好で
細かい点で配慮が感じられる車に仕上がっています。

おすすめグレードはXLパッケージ(FF)です。

値引きについては、付属品からの値引きを含めて
30万円前後になれば文句なしですね。
がんばって交渉してくださいね。

家族で快適に乗れるミニバン「アルファード」

1
トヨタのアルフォードは競合ミニバンの中でも
トップクラスの室内の広さと快適さ。

横風の影響を受けやすいということがあげられますが
他の大型ミニバンでも同じ事がいえるので
大きな問題ではないと思います。

アルファードは車両重量が軽く
運輸省HPで公表される制動距離も大型ミニバン中
最短距離を誇り安全性が最も高いといわれます。
2
また、中古市場でも人気が高いので
万が一買い替えたいときも下取りも高額になる可能性が高いです。
本当に価値のあるものは値段も高いが、売る時も高い。
と言えると思います。

このクラスの車の中では圧倒的に維持費が安いと思います。

車両重量が軽いので燃費も良くて市街地の通勤にも最適です。
エルグランドの車両重量は満タンの燃料タンクを
2,3個余分に積んでる重さだなんだそうです!

内装も木目や皮が主体でシックで他のミニバンよりも
デザイン性が高い事でも人気を集めています。

良い点がたくさんあってきりがない車ですが
なんといっても一番の魅力は乗っていて楽しい車であること。
これにつきると思います。

スタイリッシュなミニバン「トヨタウィッシュ」

家族で乗れる車を探しているけど
少しスタイリッシュな車が欲しい。

そんな方に最適な素敵なミニバンが「トヨタウィッシュ」
子育て真っ最中の若い夫婦からの人気が非常に高いです。
1
トヨタウィッシュは5ナンバーボディでありながら
3列シート・7人乗りを実現しているミニバン。

使い勝手の良さはユーザーからの満足度からも
十分にみてとれますが、
2列目シートの背もたれ(シートバック)部分の高さが十分ではなく
シートに座ると背もたれの上端部分が肩のところくらいになり
快適ではないとの声が目立ちました。

試乗だけではわからない部分もやはりありますので
口コミなどは事前にチェックする価値があると思います。

スポーティだけど居住性の高さに定評があります。
最上級グレードは3ナンバー仕様車の「Z」。
2
こちらはさらに快適な走りと安定性を実現しています。
乗っていてとても気持ちのいい車なので
家族みんなで乗れるミニバンの候補としても
入れておいて損はないと思います。