安価で実用的なミニバン「シエンタ」

運転のしやすさはミニバンクラスで最高峰の実力を誇る
安価で実用的なミニバンといえば「シエンタ」です。
1
シエンタは2003年に登場してから2010年8月に生産を終了しましたが
しかし2011年5月にはマイナーチェンジをを受けて再び販売されています。

シエンタで絶対につけたいオプションは、
エントリーナビ(82,425円)
SRSサイドエアバッグ(31,500円)
リバース連動ミラー(13,650円)

このあたりでしょうか。

シエンタは前席の下に燃料タンクを搭載する
フリードの前身であるモビリオに対抗するべく開発され
渾身の薄型燃料タンクを備えています。

全高は1700mmを下回りますが、3列目のシート自体は小さいですが
2列目の下側に片手で格納できて、使い勝手の良さには定評ありです。
2
高い位置に配置されたメーターも見やすく、スイッチの操作性も良好で
細かい点で配慮が感じられる車に仕上がっています。

おすすめグレードはXLパッケージ(FF)です。

値引きについては、付属品からの値引きを含めて
30万円前後になれば文句なしですね。
がんばって交渉してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>